グルメ・クッキング

2011年11月 1日 (火)

アフタヌーンティー

Pa200042


Pa200046


きょうで10月も終わりますが、遅ればせながら実のなる花お菓子教室の今月の新メニューのご紹介です。

もともとはイギリスで1800年頃に生まれた貴族のお茶の習慣で、サンドイッチ、スコーン、ケーキが3段重ねのお皿で供されるものは有名ですね。そのお茶の作法といいますか、しきたり的なものがあります。

まず、何から先にいただくか、諸説あるようですが、私が聞いたところによると、①サンドイッチ②スコーン③ケーキの順。例えば③に先に手を伸ばしたとしましょう。するとそれは、①と②をパスしたという意思表示にとられてしまうとか。

サンドイッチの具はキュウリ。当時のイギリスではキュウリは高価な食材で、それを食べられる貴族は富の証し。栄養は無くても薄く切った歯触りのいいキュウリの食感が贅沢に好まれたのでしょう。

スコーンにはたっぷりのクロテッドクリームとジャムが添えられます。クロテッドクリームは生クリームとバターの間の乳脂肪分を含む、と聞くと何やら恐ろしい感がありますが、本場(デボン、コンウォール)では軽くフワフワしていてとってもクリーミー、美味しかったですね~。

とはいっても、こんな優雅なお茶をイギリスでは毎日あるのではなく、もっと飾らない形でお菓子をミルクティーでいただいているようです。

今回のスコーンはカボチャを、ケーキはモンブランを添えました。

2011年8月 3日 (水)

ZEN

大岡山商店街中程にある和菓子屋ZEN。昨年8月に開店してそろそろ1周年。30代の若き青年岸君がオーナーを務めるおしゃれな和菓子店。こげ茶の暖簾をくぐるとショーケースが目の前に現れる。P8020027_4

ショーケースの左の方にある抹茶ババロア280円とロールプレーン1000円、それから抹茶味の大岡山ロール1200円は、わが「実のなる花」製のお菓子達。洋菓子を和菓子風に、米粉や抹茶を入れて和菓子にアレンジしました。その他わらびもち、串団子、大福など定番の和菓子も並んでいます。P8020021_2

ショーケースの脇の棚には袋菓子、かりんとうやお煎餅などが置かれています。

シュクレが訪れた時、岸君はちょうど留守でしたが、看板お姉さんの村田さんがお出迎え。最近結婚したばかりの新婚ホヤホヤだそうです。P8020026_6




夏は暑くて食欲もいまひとつ。それでもヒンヤリつるんと涼味あふれる和菓子にほっこりしますね。

フォト